詩情あふれる高原の城下町 小諸市

浅間山を見上げ、市の中心部を千曲川が流れる坂の街。全国トップクラスの晴天率を誇り、昼夜の寒暖差により、種類豊富な農産物が栽培されています。
浅間山の南斜面にある農地では、稲作、高原野菜、果樹の栽培が盛んです。
強粘土質の土壌で作られる伝統の「白土馬鈴薯」、「御牧ヶ原のお米」などの栽培も行われています。
小諸市の田畑の風景
小諸市の地図

小諸市の気候

小諸市の年間気温を表したグラフ
○平均気温/10.7℃(最高/34.1℃・最低/−13.7℃)
○年間降水量/794.5mm ○年間日照時間/2,000時間
○標高(耕地)/600m~1,000m

小諸市の標高は約600m~2,000mと高地に位置しているため、冬の寒さは厳しく、早朝はマイナス10℃を下回る日もあります。一方、夏は湿気が少なく過ごしやすい日が多くあります。年間を通じて降水量が少なく、国内でも屈指の晴天率を誇ります。
長野県は雪国というイメージをお持ちの方の方も多いと思いますが、県内では雪の降る日、降る量ともに少ない地域です。

小諸市のご紹介

小諸市の歴史は古く、数多くの縄文・弥生時代の遺跡が発掘されています。
そののちは、農耕・牧畜の進展と律令制度により、官道に駅馬、伝馬制が設けられ、人馬の往来は集落を形成し、その発展を促してきました。街道が整備されてくると、中山道、北国街道、甲州街道の交わる交通の要所として城下町が形成され、数度の領主交代の後に牧野氏1万5千石の領有として、物資の交流が盛んになり、商業都市として栄えました。
明治時代に入ると、問屋商人の堅実な商風が評価され、県内外における重要な商業の町として発展し、また、文化の振興にも力を入れ、多くの文化人との交流がありました。

小諸市の観光地

①写真左上/小諸城三之門 ②中上/小諸城址懐古園 ③右上/藤村記念館
④左下/布引観音・釈尊寺 ⑤中下/小諸高原美術館 ⑥右下/高峰高原

関連記事

  1. 軽井沢町イメージ

    自然と文化が奏でる、国際親善文化観光都市 軽井沢

  2. 佐久市臼田地区のイメージ

    五稜郭と星の町 佐久市臼田地区

  3. 立科町のイメージ

    蓼科山の麓、豊かな土と水に育まれた地域 立科町

  4. 川上村のイメージ

    信濃川に至る千曲川源流の里 川上村

  5. 佐久穂町のイメージ

    透き通った水の流れる 山麓の町 佐久穂町

  6. 佐久市佐久地区のイメージ

    健康長寿のまち 佐久市佐久地区

  7. 佐久市イメージ

    まほろばの里 佐久市

  8. 食ママ倶楽部

    信州小諸「食ママ倶楽部」

  9. 南牧村のイメージ

    八ヶ岳野辺山高原 高原野菜と酪農・観光の村 南牧村