食物繊維たっぷりで低カロリー! マコモタケ

マコモタケ

マコモタケ500gの見本です。

マコモはイネ化の植物。草丈は2~2.5mにもなります。春に植え付けた1株の苗が、20〜30株に。

タケノコ同様皮を剥いて、芯の柔らかい部分を食べます。

皮を剥く前は500gあったマコモタケですが、食べられるのはこの部分の約200gとなります。

ゴミの処理が大変な都市部の方には、表皮1〜2枚を残したこの状態でお届け可能です。(500g→約300g)

マコモはイネ科の多年草。春に植え付け、9月〜10月に収穫します。
中国をはじめ、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジアなど東南アジア諸国では古くから食用や薬用として用いられている植物で、日本でも「古事記」や「万葉集」などにもその名前が出ています。

根元の部分の茎が横に肥大し、その肥大した部分を「マコモタケ」と呼び、外皮をむいた白い部分を食べる事ができます。
食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウムを含む健康食品として脚光を浴びています。特に食物繊維が豊富で、腸内の老廃物を取り除く効果が期待でき、カリウムを多く含んでいますので血圧を下げる効果があると言われています。

淡泊でくせがなく、タケノコとトウモロコシを合わせたような味と香りがあります。食感もタケノコとアスパラガスの中間ほどのやわらかさです。油との相性もよく、どんな味にも馴染みやすいので食材としての利用度は無限大。

マコモタケって?
マコモタケを紹介するチラシを制作しました。裏面にはマコモタケ料理のレシピも掲載していますので、マコモタケに馴染みがない方・調理方法が分からないという方でも簡単に調理ができます。

チラシ表面(PDF)
チラシ裏面(PDF)

マコモタケ
マコモタケ
根元から30cm程度でカットして、6〜10本を束ねて発送します。(写真は500gを使用しています。お届けする量はこの2倍です)

1,000g…2,000円
(消費税込み/送料別)
オンラインショップへ
※別ウインドウで開きます

ご購入の前にご了承ください
収穫時期によリ、サイズ・形にばらつきがあります。又、ゴミ等はなるべく取り除いておりますが、見落とし及び虫の付着がある場合もございます。 あくまでも季節の旬を楽しむ食材のため、スーパーなどで販売されている管理栽培品とは異なります。「生産者直送」の行程をご理解頂ける方のみご購入ください。
ご購入された商品の数やお届け先によって送料が異なります。ご注文が確定した時点で、梱包サイズ・距離に応じた送料をお知らせいたします。

収穫時期
収穫は9月中旬から10月中旬にかけて行います。

同じ生産者の商品

  1. 里山で収穫できる秋の味覚のイメージ

    【予約】一足早く召し上がれ。里山の秋の味覚セット

  2. 春の七草セット

    【予約】里山の七草セット(春・粥セット/秋・草花)

  3. 山野草の活け花

    里山に自生する山野草木セット(切り花)

関連記事

  1. 山野草の活け花

    里山に自生する山野草木セット(切り花)

  2. 花苗セット

    おまかせ季節の花苗セット

  3. 田植えの様子

    【予約】立科のおいしいお米 塩沢米こしひかり(’20年産米)

  4. 【予約】信州りんごといえば「サンふじ」

  5. 里山で収穫できる秋の味覚のイメージ

    【予約】一足早く召し上がれ。里山の秋の味覚セット

  6. 高麗人参(5年根)

    【予約】参鶏湯(サムゲタン)にお勧め。高麗人参 5年根(生)